季刊誌「つながり」

メインイメージ”
オーナー会社であるDMG森精機㈱は、
広報誌として2012年1月に「つながり」を基本コンセプトにした広報誌を創刊しました。
社会や企業を支える「つながり」を基本コンセプトとして、モノができるまでのプロセスや、モノの歴史をひも解くとともに、
「つながり」の視点、物事を俯瞰する視点から、あるべき社会を模索していきます。
また、モノと人をつなぐ重要な要素として感性に訴えるデザインにスポットを当てていきます。

今後、登大路ホテルの季刊誌として掲載させて頂きます。
レジャー、文化、歴史等様々な分野にスポットを当てておりますので、お楽しみ頂ければ幸いです。

総支配人

つながり Vol.27 夏号 2018年7月発行

表紙写真

iPhone/iPad/Androidで閲覧するには、
「ActiBook」アプリ(無料)のインストールが必要です。
「App Store(iPad/iPhone用)」または
「Google Play(Android用)」から、
インストールしてください。

巻頭対談

次代を担う人材の育成
理化学研究所理事長(第25代 京都大学総長) 松本 紘
× 立命館アジア太平洋大学学長 学校法人立命館副総長・理事 出口治明

特集1

製品のライフサイクルを追う
LED照明ができるまで

特集2

21世紀のクオリティー・オブ・ライフ
移動 『移動の制約となる障害を克服』
   九州大学理事・副学長 安浦 寛人
知識 『知識を価値あるものに変えるスキル』
   俯瞰工学研究所所長・東京大学名誉教授 松島 克守
健康・長寿 『夏は“かくれんぼくん”に注意』
   名古屋大学総長補佐・教授 水野 正明

特集3

デザイン・文化に見る先人の知恵
衣 『浴衣地に藍形で「涼」を染め上げる長板中形』
  (千葉・君津市滝原)

食 『冠婚葬祭、記念日に欠かせない長崎伝統料理・卓袱料理』
  (長崎・長崎市)

住 『参勤交代で栄えた、茅葺き屋根が並ぶ半農半宿の宿場町』
  (福島・下郷町大内宿)