ならめぐり

  • 奈良県庁屋上

    奈良県庁屋上

    奈良市内は、背の高い建物が少なく絶景ポイントです。開放時間はご確認ください。(土曜日、日曜日も開放されています)

  • 依水園

    依水園

    江戸時代に 作庭をされた前園・明治時代に作庭された後園の2つのお庭で構成をされています。ゆっくり歩きながら表情の違うお庭をお楽しみください。お庭の中に立つ茶室「三秀亭」でお食事・お茶も楽しめます。

  • 国宝 東大寺大仏殿

    国宝 東大寺大仏殿

    江戸時代に再建された国宝建造物である大仏殿は、現在でも世界最大級の木造建築であり往時の壮大さがうかがえます。

  • 大和郡山市

    大和郡山市

    登大路ホテル奈良より電車で約30分。17世紀に郡山城を中心に栄えた城下町の風情が残る歴史と文化に育まれた町。お寺や神社を始め、伝統的な技術を今に伝える産業や、昔ながらの町並みと暮らしが今も多く残っています。

  • 今井町(江戸時代の面影を今に残す寺内町)

    今井町(江戸時代の面影を今に残す寺内町)

    かつて「大和の金は今井に七分」といわれるほど繁栄した今井町を訪れると、江戸時代に紛れ込んだような感覚になります。住人の方々の町を大事にする心が感じられる町で、民家の一部は見学出来ます。

  • 明日香村

    明日香村

    田園風景が広がる明日香村は、日本最初の都が置かれた場所と言われています。有名な石舞台古墳や飛鳥寺に代表される旧跡や寺社仏閣などの考古学的研究対象の宝庫で今も尚、歴史を塗り替える発見が為されています。

  • 入江泰吉記念奈良市写真美術館

    入江泰吉記念奈良市写真美術館

    少し昔の奈良を写真に収めた入江泰吉氏の作品を今に伝える美術館です。建物は東京の国立新美術館を設計した黒川紀章氏に依るもので、周囲の雰囲気と調和するように建てられています。

  • ならまち

    ならまち

    江戸時代末期から明治にかけての面影が残る町並みの中、おしゃれな店が多くあり、女性の人気スポットです。往年を偲びながらお土産・お食事場所を探すのも一興です。