智恵を授かる 安倍文殊院のお会式

- 安倍氏一族の氏寺として645年に創建 - JRと近鉄が隣接する桜井駅の南口から伸びる並木通りを南下し、国道165号線を越えると、日本三文殊第一霊場として知られる「安倍文殊院」のある小高い丘が右手に見えてきます。南へ下れば飛鳥や多武峰、西へ進めば藤原京へとつながるこの地を本拠としていたのが、遣唐使として海を渡った阿倍仲麻呂や、陰陽師(おんみょうじ)として活躍した安倍晴明を輩出した安倍氏一族です。645年に文殊院にほど近い南西の平地に創建された安倍寺は、金堂や塔、回廊などを持つ立派な伽藍でしたが、兵火などにより廃絶し、今ではその一部が「国史跡 安倍寺跡」に指定され公園になっています。

続きを読む
  • 行事
  • 文化
智恵を授かる 安倍文殊院のお会式

究極の筆記用品 奈良墨 松壽堂

~千年以上の時を経て残る墨~ 2018年秋の第70回正倉院展には、墨で描かれた風景がきわやかに残る「山水図」が出陳されました。千年以上の時を経て私たちを魅了する宝物、あるいは仏像や経典さらには木簡や書状など、墨はありとあらゆる歴史的産物に使われ、その年代や内容を私たちに伝えてくれます。現在、日本の墨の9割以上は奈良でつくられています。奈良町の一画にある「松壽堂(しょうじゅどう)」では、伝来の秘法に時代に応じた技術を取り入れながら、墨づくりが受け継がれています。

続きを読む
  • 工芸
  • 文化
究極の筆記用品 奈良墨 松壽堂

奈良の節分会

節分とは、もともと季節の移り変わるとき、つまり立春、立夏、立秋、立冬の前日のことを指しますが、とくに立春の前日、毎年2月3日頃に社寺や各家庭で行われる行事を「節分会」「追儺(ついな)」「鬼やらい」などと呼ぶようになりました。追儺は古く宮中で行われていた大晦日に悪鬼を追い払う行事で、近世以降、民間に広まって、鬼を追い、豆をまき、邪気を払うという流れが定着したようです。奈良県各地には独特の節分行事の伝わる場所が数多く残っています。

続きを読む
  • 行事
  • 文化
奈良の節分会

宝山寺と参道をあるく

近鉄生駒駅から歩道橋を150メートルほど南西に進むと、2018年8月に開業100周年を迎えた生駒ケーブルの鳥居前駅があります。山上にある遊園地のキャラクターにちなんだ愛らしい車両が走るこのケーブルは、生駒山中腹にある宝山寺(ほうざんじ)への参拝客を運ぶために敷設された、日本初の営業用ケーブルです。「鳥居前」という駅名は、1982年まで駅の横にあった大鳥居に由来します。

続きを読む
  • 行事
  • 文化
宝山寺と参道をあるく

日本清酒発祥の地 奈良

人類の歴史と文化の中で、重要な役割を担ってきたお酒。それぞれの国の主食を原料として、気候や風土に根差した独自のお酒が生み出されてきました。日本では遅くとも縄文時代中期に、果実だけでなくデンプンを原料としたお酒が造られていたのだとか。また、穀類や芋類などを口に入れ、よく噛んで発酵させる「口噛みの酒」は、神聖な飲み物として古代の神事で使われることがあったようです。

続きを読む
  • 行事
  • 文化
日本清酒発祥の地 奈良

奈良の西国三十三所

奈良時代の718年、長谷寺の徳道上人(とくどうしょうにん)が夢のお告げによって草創したと伝わる日本最古の巡礼路(みち)「西国三十三所」。和歌山県の青岸渡寺を第1番、岐阜県の華厳寺を第33番として、近畿一円に33か所ある観音信仰の霊場のことです。2018年は、草創から1300年を迎える記念の年にあたり、特別拝観などの記念事業が各寺で行われています。

続きを読む
  • 行事
  • 文化
奈良の西国三十三所

古都奈良の文化財―世界遺産20年―

2018年は「古都奈良の文化財」が世界遺産に登録されて20年の節目の年に当たります。世界遺産とは、1972年にユネスコで採択された世界遺産条約に基づき、世界遺産リストに登録された「顕著で普遍的な価値」を持つ文化遺産と自然遺産のこと。「古都奈良の文化財」は、710年に開かれた平城京を語る上で欠くことの出来ない8つの資産群、「東大寺・興福寺・春日大社・春日山原始林・元興寺・薬師寺・唐招提寺・平城宮跡」からなる世界文化遺産として、

続きを読む
  • 文化
古都奈良の文化財―世界遺産20年―

奈良町と中将姫

蓮糸で一夜にして「當麻曼荼羅(たいままんだら)」を織り上げたといわれる中将姫(ちゅうじょうひめ)。その中将姫が生まれ育ったと伝わる場所が、現在の奈良町界隈にあるということをご存じでしょうか。中将姫が生まれたのは、東大寺の大仏開眼より5年早い天平19(747)年。父は藤原不比等(ふじわらのふひと)の孫にあたり、聖武天皇のもとで右大臣を務めた藤原豊成(ふじわらのとよなり)です。

続きを読む
  • 文化
奈良町と中将姫

金魚のいる城下町 大和郡山

奈良市の西南に位置する大和郡山市は、郡山城を中心に発展した城下町です。1580年に戦国大名・筒井順慶によって築かれた城は、豊臣秀吉の弟・秀長によって大きく拡張整備されました。1724年に入城した柳沢家の治世は6代約150年間続き、藩主の庇護のもと、赤膚焼や金魚の養殖など大和郡山を代表する文化的産業が育ちました。

続きを読む
  • イベント
  • 文化
金魚のいる城下町 大和郡山

奈良の夏祭り―愛宕祭と立山祭―

近鉄大和八木駅の東南に位置する橿原市八木町。奈良盆地を南北に貫く下ツ道(しもつみち)と、東西をつなぐ日本最古の官道・横大路(よこおおじ)が交差し、古くから交通の要衝として知られた町です。お伊勢参りや吉野・大峯への巡礼など、多くの旅人が行き交い賑わった道を、俳聖・松尾芭蕉も歩きました。

続きを読む
  • 行事
  • 文化
奈良の夏祭り―愛宕祭と立山祭―

薬師寺花会式

平城宮跡の西を南北に流れる秋篠川。川の流れに沿って遊歩道を南へ進むと、「西ノ京」と呼ばれる地域のおちついた景色の先に、三重塔が見え隠れしてきます。近鉄橿原線・西ノ京駅のすぐ東に位置する薬師寺は、白鳳文化の華やかな698年に飛鳥に創建され、710年の平城遷都に伴い現在地に壮大な伽藍を築いたといわれます。古い歴史を持つ薬師寺で、とりわけ大切にされてきた年中行事が、3月25日から7日間にわたって行われる「花会式(はなえしき)」です。

続きを読む
  • 行事
  • 文化
薬師寺花会式