スタッフ紹介

総支配人 山根 朋之(Tomoyuki Yamane)

1982年、株式会社ロイヤルホテルに入社。リーガロイヤルホテル(大阪)副総支配人、リーガロイヤルホテル京都 副総支配人を歴任し、2018年秋より現職。

我が家のような寛ぎと最高のおもてなしを

お帰りなさい、奈良の我が家「登大路ホテル奈良」へ。
私どもは、スモールなラグジュアリーホテルとして、旅先で家にいるかのように寛げてリラックスできる、居心地の良いおもてなしを心がけております。このホテルへ泊まるために奈良へやってくる。そんなホテルであり続けたいと思っています。ミシュランでの4赤パヴィリオン獲得、大手WEB予約サイト「Booking.com」での口コミ最高点への表彰に奢ることなく、このことに満足せず、より楽しい旅のお手伝いが出来るよう研鑽を積んでまいります。ぜひ奈良でお会いいたしましょう。

仕事風景
顧問 栢口 昇( Noboru Kayaguchi)

1974年、京都グランドホテル(現リーガロイヤルホテル京都)に入社。レストランサービスを主に担当。くろよんロイヤルホテル、リーガロイヤルホテル(大阪)レストランシャンボール マネジャーなどを経て、2008年、登大路ホテル奈良へ。

「奈良の達人」を目指しています”

お客様に自然体で寛いでいただけるよう、あらゆる方向に目を配るのが私の仕事です。なかでも、開業当時から籍を置くスタッフとして大切にしているのが、奈良についてのご案内です。歴史、文化、風土、様々な特色がある奈良ですが、その良さが知れわたっているとは言いにくいところです。歴史ファンの方が好まれるような古刹からニューオープンのショップまで、数多くのホットな情報がお伝えできるよう、私自身も大好きな奈良探究を日々続けています。

仕事風景
シェフパティシエ 谷口 洋平(Yohei Taniguchi)

2003年、リーガロイヤルホテル京都に入社。製菓・製パン部門で活躍。2016年2月より、現職。

四季折々の奈良の魅力をデセールにのせて

奈良県内で作られた旬の食材をできる限り織り交ぜながら、フランス菓子をベースに、その季節にあったデザート作りを心がけています。
苺や柿は有名ですが、巨峰、無花果、ブルーベリーなど、良い地の果物や野菜が数多くあります。
自ら足を運び、デザート作りに活かしていきたいと思っています。

仕事風景
レストラン ル・ボワ マネジャー・シニアソムリエ 今川 英明(Hideaki Imagawa)

1991年、リーガロイヤルホテル京都に入社。レストラン部門にてソムリエとして活躍。1999年、シニアソムリエ認定。2008年、登大路ホテル奈良へ。

心に残る時間・空間作りがモットーです

お料理やワインを通じてお客様がリラックスされ、心から寛いでいただける空間作りを心がけております。また、お客様の観光のサポートや、旅を充実していただくためのアドバイスなど、いくら勉強してもつきないのが、接客業の深さ、楽しさかもしれません。
『ザ・バー』では、毎月20日(ワインの日)に私がセレクトしたワインをティスティングしていただく会を。年に1度は料理とマリアージュさせる特別ディナーを催しています。ぜひお待ちしております。

仕事風景
チーフバーテンダー 川上 敬介(Keisuke Kawakami)

リーガロイヤルホテル(大阪)のレストランからキャリアをスタート。25歳で憧れのバーテンダーに。セラーバーでの経験を経て、「ザ・バー」には開業当初から在籍。

すべての方に心地よいひとときを

「ザ・バー」は、世界各国の様々なホテルやバーを知る当ホテルのオーナーが、細部にまでこだわって作りあげた空間です。ウィスキーはシングルモルトを中心に、女性の方にはお好みのカクテルなどもお作りいたします。 奈良では珍しいシガーも幅広くそろえております。夜が早いと言われる当地ですが、実はバー文化が充実しています。世界クラスのバーテンダーを輩出する程、層の厚い奈良のバー。その一角を照らす存在であり続けたいと思います。

仕事風景
顧客サービス支配人 松谷 徳寿(Norihisa Matsutani)

1980年、リーガロイヤルホテル大阪入社。フロント業務を主に担当。2010年11月、登大路ホテル奈良へ。

常に100%のおもてなしを追求する向上心

お顔を拝見して、お客様が何を求めておられるか? 奈良観光の情報か、寛ぎか、お食事か、それがわかるようになれば一人前のフロントスタッフだと考えています。とはいえ、フロント業務に長く携わっている私にも、それは簡単なことではありません。根底にあるのは、どうすれば喜んでいただけるかを考え、常に100%のおもてなしを追求する向上心でしょうか。愛する奈良のファンになって下さる方が一人でも増えれば本望です。

仕事風景