お知らせ

【綴る奈良vol.19】土と対話する 赤膚焼 大塩正人窯

奈良町の「身代わり申」をアクセントに干支の動物が描かれた茶器 写真:Photographer MIKI

奈良町の「身代わり申」をアクセントに干支の動物が描かれた茶器 写真:Photographer MIKI

 

古代から続くやきものの里

 

奈良のやきものといえば、愛らしい「奈良絵」が描かれた「赤膚焼(あかはだやき)」を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。実際には赤膚焼イコール奈良絵でもなく、絵付けのないものや釉薬の違いによって、赤膚焼はさまざまな表情をみせてくれます。

 

奈良県指定伝統的工芸品である赤膚焼は、16世紀終わりに郡山藩主として入城した豊臣秀長によって窯が開かれ、18世紀には堯山(ぎょうざん)公の名で親しまれた柳沢保光(やすみつ)の庇護のもと発達しました。室町時代にみえる美しい彩色で描かれた「奈良絵本」をモチーフとした奈良絵が描かれるようになったのは、19世紀の名工、奥田木白(もくはく)が登場した頃です。

 

多くの窯がつくられた西ノ京の丘陵地一帯は、古代、埴輪(はにわ)の発明者と伝わる野見宿禰(のみのすくね)の一族、土師氏(はじし)の居住地に近く、奈良時代以降は平城京の寺社の屋根瓦や土器がつくられるなど、鉄分を多く含む良質の土に恵まれた場所でした。平城京の右京五条にあたるため五条山とも呼ばれ、土が赤茶けて見えたことから赤膚山と呼ばれるようになったともいわれます。

 

大塩正人窯代表の大塩正巳氏 写真:Photographer MIKI

大塩正人窯代表の大塩正巳氏 写真:Photographer MIKI

 

この古くからやきものの里として知られる赤膚町にある「大塩正人(おおしおまさんど)窯」では、原材料の陶土はもちろん、燃料である松の調達まで自ら手がける、ストイックなやきものづくりが受け継がれています。

 

やきものの基礎は土づくりと薪割りから

 

やきものの基礎は土づくりと薪割りから 写真:Photographer MIKI(1)やきものの基礎は土づくりと薪割りから 写真:Photographer MIKI(2)

やきものの基礎は土づくりと薪割りから 写真:Photographer MIKI

 

現在、大塩正人窯を継ぐのは、代表の大塩正巳氏です。正巳氏は「やきものは良い材料がすべて。それは土づくりと薪割りから」といいます。やきものづくりに適した場所は、良質の土のある場所よりも、むしろ燃料となる赤松のある場所であり、赤膚山一帯はその両方に恵まれているとのこと。原土は水を混ぜて撹拌(かくはん)したあと、目の違う篩(ふるい)に3回通し、砂や石を除く「水漉(すいひ)」という方法で粘土にし、さらに粘り気を出すために1~2年寝かせます。その粘土が、本焼きの最後の段階で「松をほしがる」のだそうです。数度の違いでやきものの表情が変わる「最後の攻め」のためには、4~5年乾燥させた赤松の芯の部分を使います。

 

土と対話する

 

赤膚山の土は元々粘り気が少なく、ゆがみやすく焼きにくい土だといいます。それが数年寝かせることで、バクテリアなど微生物によって粘性を増すのだそうです。正巳氏は、そんな赤膚山の土と対話をしながら作品をつくります。「つくってみろ」と言わんばかりの一癖も二癖もある土に向き合い、その性質を導き出す。癖がある土だからこそ、土の声に耳を傾けます。

 

土との対話は焼いているときにも続きます。同じ窯で焼いても、「焼けすぎてしまった」という土、「もう少し焼いて欲しかった」という土、五感に耳を澄ませ、想像力を働かせながら作品をつくるという正巳氏。いわゆる優等生的に仕上がったもの、思った以上に焼き過ぎたもの、釉薬が土と合わずめくれてしまったもの、「焼く」という過程があるため、決して思い通りにはならないのが陶芸の世界です。窯を開けるときには、手を合わせる気持ちになるといいます。

 

購入するときには、一つひとつのやきものと対話し、そのやきものが「育つか育たないか」を見極めてほしいという正巳氏。手をかけてつくったやきものは、使うことによって古びたり汚れたりするのではなく「育つ」はず。そう言えるのは、原材料から手を抜くことなくつくりあげたやきものの力を、信じているからに違いありません。

 

絶えず土と対話するという大塩正巳氏 写真:Photographer MIKI

絶えず土と対話するという大塩正巳氏 写真:Photographer MIKI

 

手入れされた庭に囲まれた展示室 写真:Photographer MIKI

手入れされた庭に囲まれた展示室 写真:Photographer MIKI

 

茶器や花器などが購入できる展示室 写真:Photographer MIKI

茶器や花器などが購入できる展示室 写真:Photographer MIKI

 

奈良という場所にしかない土とともに

 

正人窯では、赤膚山の土のほかに奈良という場所でしか手に入らない土にもご縁があります。東へ2キロほどの世界遺産薬師寺では、創建当初から現存する唯一の建物である東塔の解体修理が行われています。全面解体のため元に戻すことのできない基壇の土を数トン譲り受けた正巳氏は、1000個以上の「百万塔」を制作。元々の百万塔とは、奈良時代に称徳(しょうとく)天皇の発願でつくられた、内部に陀羅尼経(だらにきょう)の入った木製の小塔で、薬師寺にも安置されていたものです。陶器製の百万塔の制作を提案依頼したのは、薬師寺の本尊である薬師如来とご縁の深い、大手調剤薬局の会長です。絵付け師の中沢直子さんが奈良絵をほどこし、復刻した陀羅尼経も封入して仕上げました。約1300年ものあいだ東塔を支えた土が、あらたな祈りをつむいでいます。

 

薬師寺東塔の基壇の土を使って制作した「百万塔」 写真:Photographer MIKI

薬師寺東塔の基壇の土を使って制作した「百万塔」 写真:Photographer MIKI

 


 

登大路ホテル奈良からのアクセス

 

大塩正人窯

奈良市赤膚町1051-2 電話0742-45-4100 FAX 0742-46-9955

・近鉄奈良駅から学園前駅南口下車 奈良交通バス3番のりばから「赤膚山」下車徒歩3分

・車の場合は駐車場あり

・作品を購入できる展示室は9:00~17:00(予約不要、不定休。事前連絡により応相談)

 

※2018年11月現在の情報です。

 

▼ 綴る奈良記事一覧

綴る奈良一覧ボタン