城下町高取の雛めぐり

天段のお雛様

城下町高取の雛めぐり

天段のお雛様

天段のお雛様

大和平野と吉野を結ぶ拠点として、古くから人々が行き来した高取町。近鉄橿原神宮前駅から吉野方面へ3駅目の壺阪山駅で降り、目の前の国道169号線を渡ると、「土佐街道」と呼ばれた古い町並みが今も残ります。3月には、趣向を凝らした雛人形と寄せ植えの花々が訪れる人を明るく迎えてくれる、「町家の雛めぐり」が開催される予定です。

くすりと山城の城下町

高取町のメインストリートである通称「土佐街道」は、明日香村のキトラ古墳から歩いて10分ほどの近さ。「土佐」の地名は、大和朝廷の労役で召し出された土佐国の人たちが、故郷をしのんで名付けたと伝わります。また、高取町内には壷阪寺や子嶋寺など飛鳥時代から奈良時代に創建された古刹が残るだけでなく、天武天皇と持統天皇の皇子である草壁皇子の墓といわれる束明神(つかみょうじん)古墳をはじめ、700近い古墳が点在します。

高取町土佐街道

高取町土佐街道

南北朝時代になると地元の土豪 越智(おち)氏によって、標高583.6メートルの高取山の山頂に、高取城が築かれました。江戸時代に植村氏が高取藩主として入部すると、山城である高取城から日常生活が便利な麓に主君や家臣たちの屋敷が移されるようになり、城下町が形成されます。しかし、背後にそびえる周囲約3キロメートルに及ぶ壮大な城郭は、植村家14代にわたり明治の初めまで機能していました。

高取城太鼓櫓跡

高取城太鼓櫓跡

大和国高市郡高取城之図(1899 奈良県立図書情報館蔵)

大和国高市郡高取城之図(1899 奈良県立図書情報館蔵)

植村家長屋門

植村家長屋門

廃藩置県による取り壊しや売却によって、現在の高取城は残念ながら石垣を残すのみです。ですが、麓から山城までの高低差446メートルは、近世城郭では日本一を誇り、岡山の備中松山城、岐阜の美濃岩村城と並び、日本三大山城として知られています。1953年に国史跡、2006年には日本百名城に認定され、ハイキングコースとしても人気です。城跡までは土佐街道の南端にあたる植村家長屋門から徒歩1時間余り。途中には、昭和を代表する俳人の一人である阿波野青畝(あわの・せいほ=1899~1992)の生家も残っています。

土佐街道の中心地は、北端から南端まで歩いても1キロメートル余り。山城はまたの機会にという方も、気軽に散策して楽しむことができます。観光案内所「夢創舘」では、ありし日の高取城をCG再現した映像が上映されているほか、高取に関する書籍やパンフレット、地元産品などを手に入れることができます。また、観光案内所裏には「くすり資料館」、隣には「青畝文学館」があります(案内所に予約が必要です)。

観光案内所「夢創舘」

観光案内所「夢創舘」

くすり資料館

くすり資料館

江戸時代の土佐街道には、500軒もの商家が軒を連ねたといいます。お殿様が通るために高さを制限された低い軒先や連子窓を残す家並みに、往時がしのばれます。防火水路が残る街道両脇の石畳は、阪神淡路大震災の復旧工事で出た路面電車の敷石が転用されているのだそうです。

高取町は「くすりの町」としても有名です。古くは612年、推古天皇がこの地で薬狩りを行ったことが日本書紀に記され、江戸時代には奉行の許可を得て全国に置き薬を行商、現在も製薬や家庭配置販売業が連綿と受け継がれています。

くすりの町らしい漢方薬局

くすりの町らしい漢方薬局

高取藩主下屋敷門が残る石川医院

高取藩主下屋敷門が残る石川医院

「町家の雛めぐり」

季節を問わず、ゆったりと散策を楽しめる高取の土佐街道ですが、近年は毎年3月に町全体が華やかな展示会場に変身します。2022年で16回目となる「町家の雛めぐり」の期間中、街道沿いとその周辺60か所以上の町家や商店などに、雛人形や春らしい寄せ植えが展示されます。なかには2階の出窓など思わぬところからお雛様が見つめている場所もあるので要チェックです。「ひなめぐりマップ」は開催エリアの各所で配られているので、早めに入手してみてください。

圧巻はメイン会場「雛の里親館」にある「天段のお雛様」、17段の雛段に500体の人形がびっしりと飾られた絢爛豪華な空間は必見です。

また、土佐街道から3キロメートルほど南にある西国霊場第6番札所の壷阪寺でも、この時期にあわせて本尊十一面千手観世音菩薩と2500体の雛を飾った「壷阪寺大雛曼荼羅」が公開される予定です。

各家に受け継がれた人形が飾られている

各家に受け継がれた人形が飾られている

愛らしいお雛様もお出迎え

愛らしいお雛様もお出迎え

お雛様は思わぬところにも

お雛様は思わぬところにも

薬の横にもさりげなく雛段が

薬の横にもさりげなく雛段が

17段500体の天段の雛は圧巻

17段500体の天段の雛は圧巻

元酒蔵には豆粒ほどの大名行列人形も

元酒蔵には豆粒ほどの大名行列人形も

主な参考資料

『大和を歩くーひとあじちがう歴史地理探訪』奈良地理学会編 奈良新聞社 2000
『奈良県の歴史散歩(下)奈良南部』奈良県高等学校教科等研究会歴史部会編 山川出版社 2007
『ようこそ高取町へ!!』高取町観光協会 2010

登大路ホテル奈良からのアクセス

●高取町観光案内所「夢創舘」

Webサイト

https://sightseeing2.takatori.info/musoukan/

住所

高市郡高取町上土佐20-2

アクセス

近鉄奈良駅から大和西大寺駅経由、橿原線橿原神宮前駅で吉野線に乗換え壺阪山駅で下車、徒歩約10分(800メートル)
夢創舘横のほか、城下町周辺に無料観光駐車場あり

情報

開館時間 9:30~16:30 休館は月曜日(祝日の場合は翌日、3月は無休)と年末年始
「町家の雛めぐり 花めぐり 壷阪寺大雛曼荼羅」
 https://sightseeing2.takatori.info/hinameguri/ 

メイン会場「竹の里親館」は夢創舘の北向い「街の駅 城跡」奥

03月 1日(火)〜03月31日(木)
町家の雛めぐり 花めぐり 壷阪寺大雛曼荼羅

※新型コロナウイルスの感染拡大状況によって予定が変更される場合があります。
壷阪寺大雛曼荼羅とともに、上記HPで最新情報をお確かめください。

※2022年02月現在の情報です。

記事一覧へ