奈良の西国三十三所

西国三十三所第8番霊場 長谷寺

奈良の西国三十三所

2018年は西国三十三所草創1300年

奈良時代の718年、長谷寺の徳道上人(とくどうしょうにん)が夢のお告げによって草創したと伝わる日本最古の巡礼路(みち)「西国三十三所」。和歌山県の青岸渡寺を第1番、岐阜県の華厳寺を第33番として、近畿一円に33か所ある観音信仰の霊場のことです。2018年は、草創から1300年を迎える記念の年にあたり、特別拝観などの記念事業が各寺で行われています。

観音信仰の「観音(かんのん)」とは、「観世音菩薩(かんぜおんぼさつ)」の省略形です。「如来」が修行を完成させ悟りを開いた人のことなら、「菩薩」は悟りを求めて修行する人のこと。如来より少しだけ庶民に近い存在である菩薩のなかでも、特に人気の高かったのが、33の姿に身を変えて人々を救済するといわれる「観音菩薩」であったといわれています。西国三十三所を開創した徳道上人は、病で死の淵をさまよっていたとき、世の中の苦しむ人々を救うためにこの世に戻り、観音菩薩巡礼のための霊場をつくるようにと宝印を授けられます。息を吹き返した上人は霊場を設けましたが、そのときは世間の信用を得られず、巡礼は定着しませんでした。それから270年後の平安時代、比叡山や那智で修行をして西国観音霊場を巡礼・再興したのが、19歳の若さで皇位を退いた花山(かざん)法皇です。

今回は、十一面観音、如意輪観音、不空羂索観音を本尊とする、奈良県内4か所の霊場をご案内します。

第6番 壷阪寺(南法華寺)

壷阪寺境内

壷阪寺境内

吉野・大峯に続く交通の要衝であった高取(たかとり)山の中腹にあるのが、元興寺の僧、弁基(べんき)上人が703年に開創したといわれる南法華寺(みなみほっけじ)・通称「壷阪寺(つぼさかでら)」です。水晶のつぼの中に現れた観音の姿を刻んで本尊にしたのが始まりといわれています。清少納言の「枕草子」に、「寺は壷坂…」と挙げられているほど、その霊験はあらたかといわれ、特に「眼病封じ」のお寺として、21世紀の今日もなお多くの人が訪れます。

壷阪寺の境内は、新旧の建物が入り交じる独特の雰囲気があります。全長20メートルの大観音石像や身丈10メートルの大釈迦如来石像、そして横幅50メートルにも及ぶ釈迦一代記を刻んだレリーフなど、インドでの福祉交流によってここ数十年で招来された石像群が目を引くほか、八角円堂や三重塔などの歴史ある建物がひしめき、つややかで威厳に満ちた本尊の十一面千手観音菩薩像は、「眼の仏」として広く信仰を集めています。

ハイキングコースをたどれば1時間ほどで、高取城跡のある高取山頂へ。山麓の高取町には、旧街道沿いに古い町並みが残ります。

第7番 岡寺(龍蓋寺)

紅葉につつまれる岡寺本堂

紅葉につつまれる岡寺本堂

明日香の東に位置する山の中腹にあった「岡宮」の跡地を与えられた、義淵(ぎえん)僧正により創建されたといわれる岡寺(おかでら)。義淵は、天武天皇の皇子・草壁皇子とともに育てられたといわれ、さらに東大寺の初代別当良弁(ろうべん)や、大仏建立に携わった行基などを弟子に持つ高僧です。正式名称の「龍蓋寺(りゅうがいじ)」の由来は、この近くの農民を苦しめていた龍を、義淵が池の中に封じ込めて蓋をしたことに由来するのだとか。鎌倉時代に成立した歴史物語「水鏡(みずかがみ)」には、厄年には岡寺へお参りするとよいということが書かれており、日本で最初の厄除け霊場のお寺として信仰を集めています。

本尊は、塑像としては日本最大の如意輪観音菩薩です。弘法大師が日本・中国・インド3国の土でつくったとの伝えもある色白で威風堂々とした姿は、一度拝観すると目に焼きついて離れません。春のシャクナゲだけでなく紅葉の名所としても知られ、境内参道にあるもみじが生み出す、美しいトンネルも見事です。

第8番 長谷寺

長谷寺本堂から見える五重塔

長谷寺本堂から見える五重塔

子どもの頃、誰もが耳にしたことのある「わらしべ長者」の昔話、実は長谷観音の霊験譚(れいげんたん)として「今昔物語」に載っている説話です。万葉集にも詠まれた長谷寺の草創は686年。西国三十三所を開いた徳道上人が、聖武天皇の勅により寺院の建立を発願し、十一面観音を祀ったのが始まりといわれます。その後、平安貴族の憧れの観音信仰の聖地となり、「源氏物語」「枕草子」をはじめ、女流作家の作品や日記に数多く登場します。當麻曼荼羅で有名な中将姫は、父母が長谷観音に祈願して授かったといわれています。

本尊の十一面観音は像高10メートル、木像では日本最大を誇る大きさです。右手に錫杖と念珠、左手に蓮華の入った瓶を持つ、地蔵菩薩の徳を併せ持つその姿は、「長谷寺式十一面観音」とも呼ばれる穏やかなたたずまいです。有名な登廊(のぼりろう)の先にある国宝の本堂は、東大寺二月堂や京都清水寺とおなじ急斜面に建てられた懸造り(かけづくり)。「花の御寺」と呼ばれるのにふさわしく、舞台から眺める境内は四季を通じて絶景です。

第9番 興福寺南円堂

興福寺南円堂

興福寺南円堂

奈良県内の最後の札所、第9番興福寺南円堂は日本最大と言われる八角円堂で、813年に藤原冬嗣が父の追善するために創建しました。藤原氏の氏寺であった興福寺ですが、中でも力をふるった北家(ほっけ)出身の冬嗣創建の南円堂は、興福寺のなかでも特別な位置にあったといわれています。

本尊は、国宝の不空羂索(ふくうけんさく)観音菩薩。運慶の父・康慶一門の作と伝わり、鹿皮をまとっています。現在は毎年10月17日に大般若経転読会(てんどくえ)が行われますが、かつては寺僧でさえ内陣での礼拝は許されませんでした。どっしりとした単層本瓦葺の屋根は、興福寺境内のランドマークとなっています。毎年4月17日に行われる放生会(ほうじょうえ)では、たくさんの魚が猿沢池に放流されます。

登大路ホテル奈良からのアクセス

第6番 壷阪寺(南法華寺)

Webサイト

http://yamatoji.nara-kankou.or.jp/01shaji/02tera/03east_area/tsubosakadera/

住所

高市郡高取町壺阪3

アクセス

近鉄奈良駅から大和西大寺駅で乗換え、橿原線橿原神宮前駅で吉野行に乗換え、壺阪山駅で下車、バスまたはタクシー

情報

10月20日(土)〜12月 2日(日)
特別拝観 二大塔同時開扉

第7番 岡寺

Webサイト

http://yamatoji.nara-kankou.or.jp/01shaji/02tera/03east_area/okadera/

住所

高市郡明日香村岡806

アクセス

近鉄奈良駅から大和西大寺駅で乗換え、橿原線橿原神宮前駅で下車、東口より奈良交通バス「岡寺前」下車、徒歩5~10分またはタクシー

情報

10月20日(土)〜12月 2日(日)
本堂内々陣お扉特別開扉
10月21日(日)
三重宝塔扉絵壁画特別開扉

第8番 長谷寺

Webサイト

http://yamatoji.nara-kankou.or.jp/01shaji/02tera/03east_area/hasedera/

住所

桜井市初瀬731-1

アクセス

近鉄奈良駅から大和西大寺駅で乗換え、橿原線大和八木駅経由、大阪線長谷寺駅で下車、徒歩約15分

情報

10月13日(土)〜12月 2日(日)
本尊大観音尊像特別拝観

第9番 興福寺南円堂

Webサイト

http://yamatoji.nara-kankou.or.jp/01shaji/02tera/01north_area/kofukujinanendo/

住所

奈良市登大路町48

アクセス

登大路ホテル奈良の南東に隣接
近鉄奈良駅から大和西大寺駅で乗換え、橿原線橿原神宮前駅で吉野行に乗換え、壺阪山駅で下車、バスまたはタクシー

情報

10月20日(土)〜11月12日(月)
北円堂特別開扉
10月17日(水)
南円堂特別開扉

※2018年09月現在の情報です。

記事一覧へ